FC2ブログ

春仁の人生模様~生かされて~

神秘体験を含めた視点て、人生行路を書いています

50歳からの人生、伊能忠敬

今日、2月11日は「建国記念の日」ですが、日本を測量した伊能忠敬が生まれた日でもあります。

1745年2月11日に千葉県山武郡九十九里町小関で生まれています。

伊能忠敬は、1795年50歳のときに31歳の高橋至時の弟子となって、天体観測や測量の勉強をしたそうです。

忠敬が初めて測量に出発したのが、1800年閏4月19日、55歳の時で、最後の測量が終わったのが1816年10月23日、71歳の時です。そして、1818年4月13日、73歳で生涯を閉じています。

50歳で専門的に勉強を始めて、それから、5年の歳月を待って測量を始めています。そして、測量期間が16年半かかっています。

50歳から新たな挑戦をした人です。


見習いたいところですが・・・。


「限りなき挑戦」。心に留めておこう。





高橋至時は、寛政暦(かんせいれき)を完成させた人です。寛政暦は、1798年2月16日に宝暦暦(ほうりゃくれき)から改暦されて、1844年2月17日までの46年間使用されています。

1844年2月18日から明治6年(1872年)12月31日までは、天保暦(てんぽうれき)が使用されて、1873年1月1日から現在のグレゴリオ暦(太陽暦)に改暦されています。



スポンサーサイト

ラジオ番組「MBSヤングタウン金曜日」

メディアには、新聞、テレビ、ラジオそれにインターネットなどがありますが、最近はインターネットを頼りに情報を得ています。

テレビ番組やラジオ放送を、ここ10年ぐらいは、家で見たり聴いたりする事も無くなりました。


ラジオは聴かないのですが、インターネットのユーチューブでラジオ番組の録音がアップされていることがあります。


中学高校生の時に、夜によく聞いていたのが、「MBSヤングタウン」と「ABCヤングリクエスト」でした。

「ABCヤングリクエスト」は1986年10月で終了したようですが、「MBSヤングタウン」は、今でも、土曜日に明石家さんまさんが、日曜日は笑福亭鶴瓶さんがパーソナリティをされて放送されているようです。


谷村新司さん、堀内孝雄さん、矢沢透さんの三人組のアリスが「ALICE AGAIN2019-2020 =限りなき挑戦=」として全国コンサートツアーを5月5日の神戸国際会館からスタートさせますが、現在、アリスの3人もラジオ番組をやっています。

1月の終わりぐらいに、ユーチューブでラジオ番組を見つけたのですが、「MBSヤングタウン金曜日」で昨年2018年4月6日夜10時から始まっていました。

ユーチューブでなら、いつでも聞くことが出来るので、ものすごく便利です。

「ヤングタウン」という名の通り、番組が始まった1967年10月2日当時は、若者が聞いていたと思うのですが、アリスの「ヤングタウン金曜日」は、「オールドタウン」といったところです。

リスナーの方も50代以上の方が多いようです。


アリスの3人でパーソナリティをやるのは初めてだそうですが、3人の掛け合いが絶妙で楽しく聞いています。とても70歳だとは思えない、声がよく通って若々しさを感じます。

私も、もう50代ですが、番組を聴きながら、10代の頃を思い出して、気持ちを青春時代に戻す切っ掛けにもなります。

今から、もう一度青春を始めて、新鮮な気持ちで人生を送ろう。


5月5日神戸国際会館での、アリスのコンサート、=限りなき挑戦=のチケットが取れたら行こうと思います。

=限りなき挑戦=青春のこころに戻るぞ。



いい日旅立ち

昨日は、暦の上では「立春」で、これから徐々に春の気配を感じられる頃です。

2月4日は、他では「ビートルズの日」だそうです。「Fab.4」と2月4日「Feb.4(February 4)」をかけているそうです。

ビートルズの愛称「Fab.4」は「Fabulous(すばらしい)4」のことで、「すばらしい4人組」という意味だそうです。

「Fabulous(すばらしい)4」なら、私にも当てはまります。私のラッキーナンバーは「4」ですから、誕生日の他に2月4日を「いい日の始まりの日」にしてもいいかも知れません。

「立春」と「すばらしい4」ということで、「いい日旅立ち」の日にしようと思います。

山口百恵さんが歌って、作詞・作曲が谷村新司さんで「いい日旅立ち」という歌がありました。詩もメロディーも良くていい曲でした。

ということで、昨日はいい日の始まりでした。


最近、パソコン教室に通っているのですが、その中で、自分の適性診断のアプリがあって、それを昨日やってみたのですが、適職の結果は、政治家だったのです。他には、起業家でした。

どうなんでしょうか、もしかしたら、政治家願望があるのかもしれません。無いとは言えないかな。

哲人政治家なんてカッコいいかも・・・。

まあ、それは冗談にして、自営で人に影響を与える何かが出来ればいいなと思っています。

思想の力を形にできれば最高ですね。

大坂なおみさん、全豪オープンテニス優勝と世界№1

女子テニスの大坂なおみさん、全豪オープンテニスで初優勝。グランドスラム2連覇で、世界ランキング1位確定です。

昨年のUSオープンでグランドスラム初優勝してからススーと駆け上がって頂点に立ちました。

USオープンでの決勝は、セリーナウイリアムズが審判への抗議で後味の悪い優勝でしたが、これで、実力を証明しました。

今回の全豪では、第2セット5-3で第9ゲーム40-0でチャンピョンシップポイントを迎えてから、逆転されて、第2セットを5-7で失い、セットカウント1-1で振り出しに戻ってしまいましたが、第3セットを6-4で勝ち取って見事優勝です。

日本人最高位に伊達公子さんが1995年に世界4位になって以来、大坂なおみさんも大会前に4位でしたが、今回の優勝で日本人で初めて世界ランク1位になります。

テニスファンの私にとっては、年が明けて初めの月にビッグニュースが飛び込んできて、気持ちが明るくなって、幸先の良いスタートが切れます。



昨日は、1年前まで一緒に働いていたメンバー3人と1年振りに食事をする機会があって、時計の針が1年前に戻ったように感じました。

店を出るときに、会計のカンター横に張り紙がしてあって、何が書いてあるのか見ると、『26日でもって閉店します』のお知らせでした。

明日で閉店か・・・。自分の人生と重ね合わせて、明日で、過去1年間の幕が下りるのかな、と勝手にいいように解釈しました。

一つの幕が下りて、新たな人生の展開が始まるような気配がしてきています。



今日の日中は、はらはらと雪が舞っていました。この冬初めて雪を見ました。


今が寒中で、立春まで1週間余り、大坂なおみさんの全豪オープンテニス優勝と世界№1のニュースとともに、気分が底を打って運気も上昇に転じてきそうな予感がします。


アリスの曲「狂った果実」

アリスが5月5日から全国コンサートツアーをスタートさせるそうです。

谷村さん、堀内さん、矢沢さん3人でスタートしたのが1972年5月5日だそうで、その日の5月5日からコンサートツアーが始まります。

アリスを初めて知ったのは、「冬の稲妻」がヒットしたときで、1977年10月5日発売ですから、小学校6年生です。

「涙の誓い」、「ジョニーの子守歌」とヒットを続けて、1978年12月5日発売の「チャンピオン」で曲名の通りオリコンチャートで1位を獲得しています。

その後も、「夢去りし街角」、「秋止符」と続き、1980年7月5日に発売された「狂った果実」には、思い出深いものがあります。

中学生のときはアリスの音楽をよく聞いていてアルバムも買っていました。


中学3年生のときの音楽の授業で、一度、歌を歌う課題がありました。一人でもいいし、何人かで歌ってもいいということで、選曲は自由でした。

はじめは一人で歌おうと思っていたのですが、もう一人の子が一緒に歌うということで、二人で歌うことになって、選んだ曲が「狂った果実」でした。

何の伴奏もなくて、アカペラでした。

その時の記憶が今でも、鮮明に残っています。

アリスの歌の詩は、今聞くと、青春時代の別れの感情を歌ったものが多くあります。

中学生の時は、青春とはかけ離れた重苦しさを感じていました。中学校の校則に縛られるているようで、抑圧されている感じがして、こころは曇り空でした。

そんな心境を反映して、選んだ曲が「狂った果実」になったのだろうと思います。


その時は、15才ですから、38年前です。

アリスの3人の方も70歳です。一度コンサートで生演奏を聴けたらと思います。

2019年5月5日と6日に、神戸国際会館でのコンサートでスタートです。

行ってみたいと思うけれども、どうしようか、入場料は9,720円。それだけの価値はあるだろうな。


FC2Ad