天の川からの誘い

異次元世界と宇宙人を含めた視点て、地球人として「この世界で生きる」

未来の自分からのメッセージ

人生50年、半世紀以上を生きて来て、自分の人生を振り返って、子供の頃や社会人になってからの自分に声を掛けるとしたら、どんなことを話すだろうかと想像してみました。

例えば、小学生の頃に同級生との葛藤に悩んでいた時とか、高校受験でどこを受験するとか、転職のタイミングとか人生の岐路に立った時、どんなことをアドバイスしたり、声を掛けるだろうかと思いました。

その高校ではなくて、違う高校を選べとか、大学に進学した方がいいとか、その転職は止めて置けとか、いろいろあると思います。

そのなかで、社会人になってから、心の中で「そうだ神の道を生きよう」と思ったときに、「全てのものを失ってしまうぞ」と声が臨みました。

その声は、守護する霊人がそれでもいいのかと、意思を確かめるためだったのかと思っていましたが、今思うと、現在の私が、過去の自分に対して声を掛けたのかも知れないと思うことも出来ます。今の私はお金が無く家庭も持っていません。

また、今思うと転職のタイミングが1年ぐらい早かったかなと思うときがありました。そのときは「辞めるな」という声と、退職してから「どうして辞めてしまったんだ」という声が臨んでいました。

同じ時期に、「結婚しろ」という声も望んでいました。そのときには、この女性とは縁があるなと感じていた人がいましたが、その前に、退職してしまいました。

私を指導していた霊人の声だと思っていたのですが、現在の私もそう声を掛けるだろうと思いました。

インスピレーションには、守護する霊人の声であったり、悪しき霊人の場合もあると思いますが、それ以外に未来の自分が現在の自分に声を掛けていることもあるような気がします。これは、今日初めて思い至りました。


シンガーソングライターの徳永英明さんが、昔テレビ番組で未来の自分からメッセージを受けたと話されていました。それは中学時代に「お前は歌手になるんだよ」というメッセージだったそうです。

それを聞いた時は、守護する霊人の声だったのではと思っていましたが、案外本当に未来の自分からのメッセージだったのではないかと思いました。

スポンサーサイト

関西は人口が減っています

日本の人口は減少し始めていますが、東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏と、愛知、福岡、沖縄の人口は増えています。

首都圏に人口が集中しているのと、中京圏の中心の愛知と、九州の中心の福岡と、温暖で住みやすい沖縄が増えていますが、関西の中心の大阪は減少しています。

東京は、魅力がある街だから、若者がどんどん、東京に仕事を求めて集まっているのでしょう。その周辺の神奈川、埼玉、千葉の人口が増えているのも、東京に魅力があって、東京に近い土地に移住しているからでしょう。

愛知県は、トヨタ自動車が世界のトップ企業でその関連会社も集積しているから景気が良くて仕事場があって、人口が増えているのだと思います。

福岡は、九州の若者が、魅力を感じて集まっているようです。

それに比べて、大阪は、減少しているのは、街に魅力が無いからでしょう。かつては、大阪は西日本の中心で九州、中国、四国地方から人が集まっていましたが、現在は大阪を通り越して東京に行っているのでしょう。

私は、兵庫県の西端の田舎生まれでしたから、大阪はテレビで見て大都会でどんな街なんだろうと、魅力を感じていました。19歳のころは、大阪の北部に住んでいて刺激を受けました。

それでも、若い頃は東京で仕事がしてみたいと思っていました。関西の電力会社に就職していましたが、東京で仕事ができる道もありましたから、できればその道に行きたかったのですがそれが叶う前に、退職してしまいました。

神戸の若者でも、東京に転出する人が増えて神戸の人口は減っています。昔は神戸ブランドといって若者にも人気があった街ですが、今はそんな空気はなくて、大阪に出る若者も多いように感じます。

街の魅力を生み出すのはどんな要素があるのだろかと思います。若者を引き付ける魅力を研究してみれば、その答えが出るのかも知れません。福岡は、魅力を出すための研究をして、それが成功しているようです。




この年になると、もう東京に出て仕事をしてみたいという気持ちはないですね。一人暮らしなので、できれば、生まれ故郷の近くに住みたいという気持ちになっています。


あの世への旅立ち

人は死んだらどうなるのか、それが分からないから、死に対して怖いという感情を抱きます。

あの世のことが分からなくて、突然死んでしまったら、どうしてよいのか分からなくて、地上に留まる事があるかも知れません。

1か月前ぐらいに、喫茶店で本を読んでいたら、霊人の気配を感じました。「誰ですか」と聞いたら、「○○○です」と話しました。

その人の子供の頃を知っているだけの繋がりでした。2年ぐらい前に突然死した人です。「私のことを覚えていますか」と問いかけると、「覚えています」と答えてくれました。

どうも、どうしたら良いのか分からなかったようで、2年間地上に留まっていたようです。

「天から、使いが来るから、迷わずに付いて行ってください」と言って、天に向かって祈りました。その後、私のところに出てくることも無いのですが、あの世に旅立ってくれていればいいのですが。

2年間の歳月で、地上に対して執着も無くなったタイミングで、どうしたらいいのかと、思ったのではないかと思います。

どうして私のところに来たのかは、分かりませんが、知っているという縁だけでも、確かに話が出来ます。全く知らない人が、出て来ても、知らないと言ってそれだけで終わります。

突然死になった場合は、自分でも何が起こったのか分からなくて、どうすればいいのか迷ってしまうのでしょう。

病気で入院して自分でも、死期が近づいてきていると分かっていれば、地上への執着も少なくなって、自分が死んだことも理解出来やすいと思います。

霊的知識を持っていれば、肉体生命の死の後に、霊体としてあの世に旅立ちやすいと思いますが、肉体しかない、あの世は無いと思っている人は、あの世に旅立つことが艱難になると思います。

日頃から、神様の存在を信じて、善なるこころで生きている人は、天国に入ることが出来るでしょう。

また、神様を信じている人は、いい人だと感じます。

死んでから困らないように、神様を信じて、あの世の存在を信じて生きることが大切だと思います。




守護霊からのメッセージ

最近こんなことをしていていいのだろうかと思って、不安に襲われることがあります。2、3日前に守護している霊人に、夢の中で私に分かるようにアドバイスしてくれませんかと願いました。

そしたら、リアルな夢を見ました。

その夢は、背広を着た人が隣に来てその背広に、スズメバチが2匹留まっていました。それを見て、「スズメバチが留まっている」と声話かけて、それを掃って、その部屋から出て扉を閉めました。

しかし、スズメバチが何故か出て来て、私の前を飛んでいました。そして、そのスズメバチを捕まえてやろうと思ったら、スズメバチがスーと床に止まって動かなくなりました。

それを見て、動かないようにするためにスズメバチの上に錘のような物を乗せる夢でした。

色付きの夢でリアル感があったので、鮮明に覚えていました。スズメバチが出てくる夢だからいい夢では無いだろうと思いました。



夢占いでは、スズメバチを捕まえる夢は吉夢で、運気が向上しているそうです。

今、何か目標に向けて努力している人は、近々実を結ぶということを暗示しています。あなたは変わらない現状に対して、少し不安を感じていたかもしれませんが、スズメバチを捕まえる夢をみたということは、あなたが今やっているその努力は間違っていないという意味を表しています。

と夢占いに出ていました。


願いを聞き受けて、夢でメッセージを告げてくれたようです。夢解釈が必要で、単純には分からなくて一ひねりしています。




神秘体験をする人は少ない

霊的に敏感な人がいますが、その数は少なく大半の人は霊的な体験をされていないと思います。

霊的な体験をされると、あの世のことを信じることが出来るようになると思いますが、何故か、神秘体験をする人は少ないようです。

世の中が、物質文明が発達して、霊的なことに関心が無いからか、それとも霊的なことに関心があると、世の中から遊離して生きるのに弊害が出るからでしょうか。

どちらも当てはまるような気がします。霊的なことに関心がある人は、理性的合理的判断がしにくいように感じ、原始生活に向いているのかも知れません。

これだけ、機械やコンピューターを使わないと生きていけない世の中になると、霊的なことに関心があり過ぎると、生活出来なくなって来るように感じます。

この世とあの世が入り混じった感覚になると、混同して、おかしくなると思います。

精神世界で仕事をする人にとっては、霊的感覚が鋭敏でいいのかも知れませんが、普通の社会生活をする人にとっては、それが弊害となって、社会生活が出来なくなって来るように感じます。

感性が鋭敏な人は、暮らしにくい社会だと思います。

私も、20代の頃は、そんなに、霊的に感じなかったので仕事をしていても人の感情に左右されることも無く、精神的な疲れは感じなかったのですが、霊的に敏感になってからは、仕事をしていても人の感情が伝わりやすくなっているので、疲労が大きくなっています。

大多数の人にとっては、あの世が有るのか無いのか分からないので、信じるか信じないかでしか、判断のしようがありません。

お寺で座禅をしたり、教会で祈りのときに神秘体験ができれば、誰もが目に見えない世界を信じることが出来るようになるのではないかと思います。

宗教家が、そういった努力をすれば、神やあの世のことを信じる人が増えると思います。


ここで注意しなければならないのが、神秘体験でも、明るい世界の神秘体験であることが必要です。あの世には闇の世界もありますから、心が清浄でなければそれも、危険を伴うことにもなります。

今の時代、そういった体験を求めている人も多いように感じますが、聖職者の元で正しい指導を受けながら実施するのが安全です。


FC2Ad