FC2ブログ

春仁の人生模様~生かされて~

神秘体験を含めた視点て、人生行路を書いています

若い頃の日誌

1992年10月27日に書いた日誌が出てきたので、書いておこうと思います。当時27歳です。



(人はどうして生まれてくるのでしょう。何か意味があるのか。人なんかいなくてもいいのに。私は、この世にいることに疲れてしまうことがある。

肉体を維持するためには、食べなければならない。食べようと思えば動かなければならない。毎日がこれの繰り返し。これが動物。そこに人には、創造性が付け加えられている。時空に与えられているものを、1つ1つ見つけ出し、それを更に加工していく。

そして、人間だけの環境を造り上げていく。原始人と現代人の違いは、生活態様だけ。心は自然から離れていくばかり。

この世に生まれてきたことに、何か意味があるはず。私の天職は、と考えたとき、心が言うには「人の心をかえなさい」迷っている人が、たくさん居るから・・・。

私にそんな力があるとは思えないが・・・・・。しかし、人知を超えた意志が働いているのは、紛れもない事実。)




あの頃は若くて純粋で、体力もあり、学びたいという気持ちがありました。

あれから、25年と5カ月の歳月が経ち、数々の職場でいろんな人と出会い、社会経験を積み重ねてきましたが、こんな人生になるとは、思っていませんでした。「人の心をかえる」ことが出来ていません。

まだ天命を果たせていないので、少しでも使命を果たせるように、もうひと頑張りする必要がありそうです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad