FC2ブログ

春仁の人生模様~生かされて~

神秘体験を含めた視点て、人生行路を書いています

神秘とインスピレーション

昨日、映画「ヴァレリアン」を観てきました。感想は、楽しかったですね。CG映像が綺麗で、宇宙人が出てきたり、異次元世界が出てきたりして、刺激がありました。コミックらしいストーリーでしたが、人間の心理を突いた作品になっていました。

帰りの電車で、車窓から田畑を眺めていたら、生命の息吹を感じました。植物が太陽の光を浴びて大地から芽を吹き、大きくなろうとするエネルギーを感じました。そこに、創造主の念いを感じ取れました。生命を創り繁栄させようとする念い。その環境を創り、人間を創り、成長させようとする念い。この世でも繁栄せよという念い。

「アルファ」にインスパイアされたようです。

聖書のヨハネの黙示録1章に「・・・神である主、常にいまし、後に来られる方、万物の支配者がこう言われる。『わたしはアルファであり、オメガである。』・・・」

映画の中では「アルファ」は宇宙ステーションになっていますが、作者は聖書の影響を受けています。


25歳の頃、通勤で会社の寮から15分ぐらい歩いてバス停まで行って、バスに乗って職場に行っていました。そのころは、目に見ない世界があるのだろうかと、思いを巡らしていました。

ある日、通勤で歩いているときに、後ろから小鳥が飛んできて、頭の上を「ピィー」と鳴いて飛んで行きました。そのときに、なぜか「目に見えない世界があるのだ」と確信できたのです。どうして、そのタイミングだったのか分かりませんが、霊的覚醒を与えられた瞬間でした。

気付きを得るときは、何かのきっかけで、異次元の世界からインスピレーションが降ろされるときなのでしょう。

それがいつ来るか分かりませんが、考え続け、本を読んだり、人の話を聞いたり、映画を観たりして、熟したときにインスピレーションを受けることが出来るのだと思います。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad