FC2ブログ

春仁の人生模様~生かされて~

神秘体験を含めた視点て、人生行路を書いています

清浄明潔の日

4月5日は、24節気の「清明」で、清らかで明るく輝く時季です。年によっては、4日になる日もありますが、今年は5日です。近くの公園の桜が満開で、新たな希望を感じさせてくれます。

1998年4月5日に明石海峡大橋が開通して、今日で20周年です。四国と淡路島と本州がつながった日です。

名前は明石海峡大橋なのですが、淡路島側が淡路市岩屋で、本州側が神戸市垂水区東舞子町で、明石市にはつながっていません。

建設当時は、神戸までJRで通勤していて、進捗状況を毎日見ていましたが、凄い技術だなと思いながら見ていました。支柱の高さが298.3メートル、支間長が1,991メートル、全長3,911メートルです。支間長は、現在世界最長だそうです。

明石海峡大橋が開通するまでは、明石市と淡路市の間に明石淡路フェリーが運航していましたが、2010年に運航休止し2012年に廃止になっています。ただ、人や自転車、バイクを運ぶ高速船は運行されています。

新しいものが出来ると、古いものが淘汰されていきます。時代の流れには逆らえません。

フェリーが運航していた当時に乗船したことがあるのですが、播磨灘に浮かぶ夕日が物凄く綺麗だったの覚えています。JRで帰宅途中でも、夕日が見えるとホッとして癒されていました。

技術が進歩し便利になって行きますが、自然の桜の花や、海に沈む夕日を見ると、心を和ませてくれます。スマホを見るのを止めて、たまには、自然と戯れ、あるがままの姿になって、心を休める時間も必要なのでしょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad