天の川からの誘い~この世界で生きる~

異次元世界と宇宙人を含めた視点て、いろんな生き方を考えています

立夏・端午の節句

世間は、ゴールデンウィークで、今日5月5日は、端午の節句でもあり、二十四節気では立夏です。初夏の始まりです。

最近あまり、鯉のぼりを見かけませんが、男の子の立身出世を願うものです。中国の伝説で、鯉が滝を登って龍となって天を駆け巡るということから、来ているそうです。

端午の節句に柏餅を食べますが、柏は新芽が育つまで古い葉が落ちないことから縁起のいい木とされて、その柏の葉をまいた柏餅は、「子孫繁栄」の意味が込められています。

また、ちまきは、中国の故事から来ていて、邪気を払うとか難を避けるという縁起物だそうです。


今日は、風薫る新緑の初夏の始まりで、邪気を払い、立身出世を願うと言った意味からも上昇思考に乗るいい日です。

過去のネガティブな出来事を祓い清算して、新緑の風に乗って、駆け上がる節目の日です。滝を登り切って龍となって、天をかけ巡りましょう。


そんな日の今日、街で12月まで働いていた職場の若い人に出会いました。3月末で人に出入りがあったそうです。一人が退職して、二人が転勤したそうです。

職場もどんどん人が入れ替わっていきます。そのまま留まっているものはありません。諸行無常。過去に囚われていたら、前に進めません。自分の足を引っ張ている過去の出来事を、全て清算して、心機一転して、もう一度人生を始めようと思います。

捨てていた若い頃の夢を思い出して、もう一度追いかけてみようと思います。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad