天の川からの誘い~この世界で生きる~

異次元世界と宇宙人を含めた視点て、いろんな生き方を考えています

究極の不思議

人は誰もが、肉体が自分だと思っているでしょう。

だけど、不思議なんです。自分の体でありながら、内臓のことは何も知らないのです。、血液の作り方も知らない、酸素の取り入れ方も知らない、食べ物の消化方法も知らない、血液の流し方も知らない、匂いの感じ方を変えることもできない、味の感じ方を変えることも出来ない、皮膚の代謝のやり方も知らない、光の感じ方を変えることが出来ない、爪のはやし方も知らない、骨の作り方も知らないのです。

ただ、物心がついたら、勝手に体が、生存していたのです。そして、それが、自分の思うように動いているという事実があるだけです。

お腹が空いたら、食べたいと感じ、何故か睡眠したくなり、皮膚の感覚があり、傷つくと痛むのです。

誰がこの体を創ったのでしょうか。自分ではありません。しかし、誰もが、体が自分だと思っています。老いを止めることも出来ないし、身長を高くしたり、低くすることも出来ません。設計された、体です。

この体が自分だと思っていても、もし、指が切断されて飛んでしまったら、それまで、自分の指だと思っていたのが、自分の指ではなくなるのです。

誰が、この体を創ったのでしょうか、勝手に出来上がったのでしょうか、アメーバから進化したのでしょうか。しかし、それならば、進化途中形態の生物がいるはずですが、どれも、完成された生物です。宇宙人に創られたという人もいますが、そしたら、その宇宙人は誰に創られたのでしょうか。

やはり、創造主によって創られたのでしょう。創造主は、エネルギー体でしょうが、創造主は、どんな存在なのか究極はどうなっているのか知りたいところです。エネルギー体が存在することも不思議です。何も無いということもどんな状態なのか、謎です。

創造主に教えていただきたいところです。


〔追記〕

肉体は創造主によって創られたものだと思います。肉体に宿った思考するエネルギー体が本当の自分です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad