FC2ブログ

春仁の人生模様~生かされて~

神秘体験を含めた視点て、人生行路を書いています

心にスポットを当てると世の中は良くなる

この世で悟りを開かれた方は、お釈迦様ですが、悟りを開かれた後、幸福になられたのでしょうか。この世の苦しみを一切感じることが無かったのでしょうか。

それは違うと思われます。肉体煩悩が無くなった訳でもなく、食べなくても生きていけたわけでもなく、寝なくてもよかったわけでもなく、肉体が衰えなかったわけでもなく、生老病死の苦からは逃れられていないと思います。

ただ、死の苦しみからは、逃れられていると思います。あの世の天国を知っていれば、あの世に帰ることは、肉体の苦しみから解放されることですから、この世に執着が無ければ、喜びでもあります。

悟りを開いたとしても、この世で生きていく上で、悲しみや、苦労から逃れることは出来ないと思います。


今の日本は、地上の楽園がほぼ、出来上がっているのではないでしょうか。犯罪は少なく、信教の自由も、言論の自由もあり、職業選択の自由もあります。仕事に困ることも無く、平和です。

悟りを開かなくても、幸福に生きていける日本です。何か不安になれば、相談できる機関があるし、よく出来ています。

あえて、歪みがあるとすれば、人間関係の調整なのではないかと感じます。目に見える物しかないとなると、心を忘れて、ストレスを感じやすくなります。

会社組織でも、人間関係が上手くいかずに、生産性が悪くなっていたり、パワハラ、モラハラやセクハラで社会問題も大きくなってきています。鬱になる人も増えているようです。また、子供の間では、いじめ問題も出ています。

また、バーチャルな世界に浸って育った世代が、大人になったら、どんな社会を築くのだろうと思います。

心の荒廃が起こりつつあるように思います。そんな中で、心の成長にスポットを当てた事業が、既に流行しつつあります。書店には、自己啓発やスピリチュアルや心理学などの本が、ずらりと並んでいます。

それに応えられる人が、これから大きく伸びて行くように思います。心理士が社会的に確立されてきていますし、小説にしても、心を潤す作品を生み出せたら、価値が上がると思います。また、人間力を向上させることによって、組織を活性化させることもできます。

この世は、人の世です。人は心です。心を忘れた社会は、歪みが出ます。心を知り得た人が、世の中を救っていくでしょう。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad