天の川からの誘い~この世界で生きる~

異次元世界と宇宙人を含めた視点て、いろんな生き方を考えています

自分にとっての運命数

占いの世界では、数字によって、いろんな意味があるようです。誕生日から割り出す数字や、エンジェルナンバーといって、通りすがりの車のナンバーなどよく見かける数字に、天使からのメッセージの意味があるといったものもあります。

これらとは別に、自分にとっての運命的な数字があると思います。転機のときによく表れる数字とか、進むべき道を知らせたりする数字などです。

私は、人生の局面でよく表れる数字は、「4」です。自分にとってのラッキーナンバーです。

例えば、人生初めての就職試験のときの、受験番号は「40」でした。これをみて、合格すると確信しました。お陰様で採用が決まりました。

その会社を退職したのが、「平成4年」でした。その年は、1月に入ってから、今年は何かあるという予感がしていました。この仕事は自分に合っていると感じていましたから、その時点では、会社を辞めることになるとは、思っていませんでした。

また、引っ越しをしようと思って、不動産屋に行ったことがあるのですが、一軒目は、いいと思う所が無かったので、二軒目の不動産屋に行きました。そこで、担当者の人から、これはどうですかと初めに紹介されて、どうかなと思案していたら、奥から今この物件が空きましたと、見せられたのが、番地が「4ー4ー404」でした。

それを見て、直ぐに、そこに決めました。物件を見に行って、室内を見たら日当たりも良くて、いい物件でした。それが、今住んでいるところです。

そして、40歳になったら、何か転機が訪れるのかと期待していました。仕事の上では、何も変化が無かったのですが、共同出版で、本を出版することが出来ました。この本を書いたのは、29歳になる「4月」に1ヵ月で書き上げたものでした。10年越しの出版でしたが、「40歳」の記念になりました。

そんなこともあって、私にとっては、「4」という数字は、運命数になっています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad