FC2ブログ

春仁の人生模様~生かされて~

神秘体験を含めた視点て、人生行路を書いています

家は災害を考慮して購入すべき

火山の噴火や地震、台風、洪水、津波、竜巻、土砂災害などの自然災害を止めることは出来ませんが、それらが発生したときの防災マップがあるようですが、それらに沿って、建築規制とか、早急な対策が出来ないものだろうかと感じたりします。

直下型の地震や竜巻などはどこに住んでいても災害に巻き込まれるでしょうが、津波や洪水、土砂災害などは、発生すれば危険にさらされることが分かっていることがあると思います。

既に街が形成されているところは、それらが発生してしまえば、甘んじて受け入れるしかないと思っているのでしょうが、これから新たに家を建てたり、マンションを建設したりするところもあると思います。

西日本では、南海地震が発生するのではないかと言われていて、もし発生すれば、大津波が西日本の太平洋側を襲うと言われています。

私が住んでいる街は播磨灘に面しています。そして、南海地震が発生すれば、数メートルの津波が押し寄せるだろうと予測されていますが、それでも海岸線にマンションを新たに建設しています。それも完売しているようです。

海の端で、海が見えていいのかも知れません。高層階の住まいならいいのかも知れませんが、1、2、3階の住まいならば、津波が来たら終わりです。逃げればいいのかも知れませんが、それでも、財産を失ってしまいます。

川の近くに住んでいても、日頃ならば、環境が良いのかも知れませんが、氾濫すれば凶器に変わります。

建築規制が無ければ、買う人もいるのだから建設するのだろうと思います。自然災害も発生するかどうか分からないということもあると思いますが、防災を頭に入れて建設したり買ったりすることも必要ではないかと思います。

購入する方は、そこまで考えていないのかも知れませんが、予備知識として持っている方がいいように思います。あんなところに家を建てて大丈夫だろうかと思う所もあります。

何も無いときは分からないのでしょうが、自然が牙をむけば恐ろしいです。人間の力など及びません。

土地の売買や不動産会社の人は、都合の悪いことを言わないのかも知れませんが、家を買う人は、良く考えて購入すべきだと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad